LINK
重量税とは日本の車とかイタリア車というような愛車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、クーペという自動車のタイプに関係なく、例えば、レクサスやボルボ、などにも同様に掛かってくる税なんです。新車を登録する場合、または車検に出す際に支払う必要があるお金です。支払額は対象となるクルマの大きさ毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」では全く異なる概念ですので基礎を学んで間違えないようにしなければなりません。「自動車重量税とは車重によって」「自動車税というものは自動車のリッター数で」その金額が異なります。それにより、買い取りする際の対応も違いますので注意が必要です。自動車を売却する際には既に支払った税金がいくら残っていても、その額が還付されるようなことはないですが、一方で、自動車税でしたら、既に納めた金額を売却額に乗せてくれるような事例がなくはないですが、重量税の時は上乗せしてくれるといったことはあまりありません。重量税の場合は売却時に既に納付した税額が残存していると言っても中古車の買い取り専門業者にてそのことが忖度されるケースはまずないです。ですのでその次の支払い要は車検に出すまで売らずに待ってから売るのがベストと思います。自動車買取時は考慮してもらえない重量税でも、ある条件の事例でしたら戻ってくる可能性があります。それは、車検が残ったままのクルマを廃車にしてしまう際です。廃車申請をすれば、残っている期間に従って税金が返金されます。ただ車の買取の場合はその自動車が廃車になるのとは違うので返ってきません。そして手放す自動車の名義の変更をしたケースや、盗難された際も還付してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている期間があるクルマを売るイコール、要は車検の効力がまだあるクルマということになります。その辺りを店側も計算に入れますので、重量税の残存期間があれば、ある程度買取額があがると思います。当たり前ですが買取額は買取業者次第で違ってきますが車検期間がまだあるということが忖度されれば愛車の査定額と比べるとそれほど損をするということもありません。