LINK
通常のはじめたばかりの人向けの外為の本では、「損をした時はナンピンを入れることによって平均のコストをコントロールする」等と説明されていると思いますが、現実にはそれにはかなり大きな危険性が待ち受けています。はじめに、ナンピン買いの仕組みに関して分かりやすく説明しておきます。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですので、円安になれば儲けが出ますが不幸にして95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。この状態で維持し続けたとしたら、プラスになるためにはマイナス分ドル高に進む必要があります。誰もが、損失は可能な限り早く回復したいと考えるでしょう。これを解決するため最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を取引します。それで、ポジションの平均のコストは97円50銭まで低くする事が出来ます。すなわち、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと、損を取り戻す事が出来ます。これが、ナンピン買いのやり方です。このような、ナンピン買いの手法を聞くと「もっともだ」という考えになるが、外国為替市場は簡単には問屋を卸しません。だいたい、1ドル=95円が下値だということなど、誰一人として分かりません。例として、相場が円高基調だとすれば、1ドル=95円ではとまらずドル安にいく危険性が高くなります。仮に、97.50円でナンピンをした場合に95円までドル安になったとしたら、ナンピン買いした分にも差損が生じます。そういう状況では一番初めに注文したドルと同時に、ダブルで損が生まれます。例示したとおり、ナンピンは難しいのだ。ならば、相場が自身の筋書きとは別の方向にどんどん進んだ場合、どんなやり方で危機の確率を避ければいいのでしょうか。こういう場合には取るべき術は2つしかありません。ひとつは執着しないで損切りをすること。もうひとつの手段としては、現在、自分が所持しているポジションを減らす事で、もう一回外国為替市場が元のようになるのを黙って待ち望む事だけです。少し受動的なやり方だとおっしゃる方もいると思います。しかしながら、ポジションにマイナスが生じた場合、リスクが低い手段はこの2つ以外にはありません。当然、理論としては、ナンピン買いする術もあると思います。しかしナンピンは、自分が損失を披っている状態にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか遂に買いポジションを積み重ねていく方法です。それでは、危機をコントロールすることなどできないと考えるべきです。ナンピンを続ければいずれは勝てるかもしれない。しかし、それ以前にお金はショートしてしまうだろう。