LINK
自己破産の手続きまで訴訟などといった法に基づく手続きは認められています。とくに自己破産に関する手続きに入ってから無駄な時間がかかってしまったときには債権者に訴訟にされる危険が増えます。債権保有人サイドからすると債権の支払いもしないまま自己破産といった法的なプロセスもされないといった状況であればグループの中で完結処理をやることができないせいです。係争の後どういうふうな判決がもたらされようが自己破産の当人に負債を返金する能力はないといえます。取り立て屋もそれは納得の上で訴訟のような威嚇で、思惑通り和解に持ち込み返金させるなり当人の父母や関係者に返済してもらうという展開を狙っている際も見られます。(補足)平成17年の1月1日に改正された新しい破産の法のもとでは自己破産手続きをすると差し押さえというような法の要請は効果をなくすこととなりました。ですから、破産法とは異なって訴訟などということをしても無意味になると思われるということになり、現実的に裁判提起をしたがる債権人はまったく存在しなくなると予想します。そういう側面でも、西暦2005年1月1日の改正で破産は過去と比べて利用しやすくなったと思われます。督促の場合ですが支払督促というのは、法律が債務者に向けて返済額の返済をすべしという要請です。普通の審理をする流れと違って、取り立て屋の都合の良い発言だけを受けて行うため普通な提訴のように時間と裁判費用がかかりすぎないのでよく使う法的な手法です。督促の手続きがなされた場合、裁判所発送の書類が配達されることになり来てから2週間経ったとき取り立て屋は借金人の資金(給与も含めて)に関して差押えができるようになってしまいます。支払督促に向かって異議の申請を送ることができる場合は普通な裁判に変わることになると思います。(注)一般の裁判は長引きますから、免責まで決定が出ない推定が濃厚になることは知っておきたいです。