LINK

自動車重量税、略して重量税というものは、国産メーカーの自動車あるいはドイツ車など自動車の国やハッチバック、ハイルーフ車等自動車の形状に関係なく例えば、スバルやGM、等にも一般的に負担が必要なものなんです。レモンもつ鍋

新車登録の場合もしくは定期的にある車検のさいに納付するお金です。いち髪 べたつく

この額はその車の車重によって定められています。アヤナス ローション コンセントレート

「自動車重量税」と「自動車税」では全然別の税ですから、きちんと理解をして間違えないようにしてください。スマホ料金節約のコツ

「自動車重量税というものは車の大きさ毎に」「自動車税という税金はクルマの総排気量で」その金額が変わります。風水 巒頭

それで買取する時の扱われ方違ってきますので、注意しましょう。クラチャイダムゴール

クルマの買い取りの際には既に支払った自動車の額がどれだけ残っていた場合でも、その税金が返ってくるということはありません。引越し業者 格安

一方自動車税の時は既に納めた税額を買取金額に乗っけてくれるということがありますが重量税に関しては足されるような場合はあまりありません。

重量税は、車の売却時に既に納付した税金があると言っても車の店でその事実が考慮される場合は少ないのです。

ですから次回の支払い、分かりやすく言えば車検に出すまで売らずに待ってから売るという方法が一番良いです。

車売却の時は還付の対象にならないのが重量税ですが特別な場合でしたら返還されることもあるのです。

これにあたるのは車検期間が残ったままのクルマを廃車にしてしまう際です。

要するに廃車申請をすれば残存期間に応じて額が返ってきます。

ただし自動車の売却時はその車が廃車されるわけではないので戻ってきません。

また所有車の名義変更をした場合や盗難にあったケースなども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残っている期間があるクルマを売るというのは、要は車検が残っている自動車です。

店側も配慮しますから自動車重量税の残存期間があれば、少しは買取額が上乗せされるはずです。

当たり前ですが、買取金額は店によりまちまちなのですが、車検が残っている事実を計算に入れてもらえば、所有車の買取額と比べるとそれほど払い損と考えることもありません。