LINK

未払い金に残りのあるクレカの使用取りやめをするときも堅実に:ショッピング枠もしくはリボ払い、キャッシング枠というような種類の未払いのお金に対する支払いが依然として残っている状況で無効化という行為をするとなると疑いようもない事ではあるがクレジットの使用不可能化の際に未払い残額について一括での支払いを求められるという修羅場も考えられます(要するに返済が終わっていない金額を解約したいという意向なのであれば早く払ってくれと言う具合に請求されます)。

現在の財産に余力があってすぐに使える状態ならばトラブルは起きないと考えらますが、残金が不足している場合に解約という行為を実行することは自らの首を絞めるようなものに違いないとも言っても言い過ぎではないのであるから、確実に払い込みが済んでからクレジットの機能停止を始めるように考えた方が無難だろう。

使用不可能化に及んだ時点で一体どれくらいクレジットカードを使って支払うべき金額がどれくらいかをじっくり確認した末に使用不可能化をしてもらいたいと思います。

使用不可能化のための支払いの必須のクレジットカードもあることに注意≫ここ数年、すこぶる特別なケースですが特殊なクレジットカードに関しては無効化にかかる金額などという自己負担がかかってしまう例があるのです(限られたJCBカードにおいてのみ)。

とても限られた例でのみ起こりうるため悩まなくてもトラブルは起きないのだがクレジットカードを作成してから一定の期限より前で解約するようなときでは使用不可能化のための支払いというやっかいなものがかかってしまう決まりが出来上がっているため、そういった使用取りやめ上の必要経費を支払いたくないというならば指定された期日以上期日を全うしてから使用取りやめに及ぶようにして頂きたいです。

ところで、頭の隅に残しておくと良いのは、上述したような状況は使用取りやめを希望した時に窓口の担当者の人から直接通知または警告のようなものが絶対に言われると思ってよいでしょう。

先立った告知がないうちに性急に契約失効手続きにかかる金額に類するものが天引きされてしまうというハプニングはないはずなのでまずは使用不可能化を電話オペレーターに申請してみることで、自分が持っているカードの使用取りやめにかかるお金がかかるかチェックして頂きたいと思います。