LINK

キャッシングした場合、お金を返す時には利率を乗せた払いになるのは知っていると思います。

カード会社は経営の利益を目当てとした企業ですから当然です。

ですが返済する方は、わすかでも少なく返したいと考えるのが本音でしょう。

利息制限法が定められる一昔前は、年間30%近い利子を支払わされてましたが、設けられてからは高額でも年間18%位と随分低く設けられているので、とってもリーズナブルになった気がします。

この頃のキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の間が設けられていて、利用上限額により定められます。

利用上限額は借り主の信用によって左右されます。

総量制限により一年の収入の1/3までと指定されいますので、収入がどれくらいあるのか?どういう職についているのか?クレジットの使用状況はどうなのか?いろいろ審査され与信限度額としてクレジットカードの内容が決まることになります。

カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は変わります)と広い幅があります。

そしてその範囲の中で決められた利用可能額により利子も決まるのです。

50万円なら年間18%、300万円なら12%、800万円なら年率4%といった流れになるはずです。

結局、評価が上がれば、貸付可能金額も上がり、金利も下がるはずです。

このことに疑問を受けるのは私だけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、これらの事実は問題がない事でしょうが、一年の収入の多い人がキャッシングが必要とは思えませんし、万が一キャッシングサービスを利用した場合でも利息が多かろうが少なかろうが返済に追われる事はないと思います。

逆に一年の収入の少ない人は咄嗟に必要だから融資を受ける方がいて、利子が良くないと支払いに追われるはずです。

ですから使用可能幅の少ない人にこそ低金利で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この考えは使用する視点からの考えではあります。

この事実を考慮すると、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら分ったのではないでしょうか。

現にこれから記述方法で、申し出をする人が多いので教えますと、カードローンの手続きをする際、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申し込むのです。

年収600万円なら200万円。

そのキャッシング審査で全金額通ればその分だけ利子が低いクレジットカードを持つことができます。

とは言っても上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないという事はありません。

10万円でも30万円でも必要な額だけ使用可能です。

さらに上限利用範囲が300万円で最低利息7%位のローン会社も有りますので、その金融会社に申請すればその金融会社の最低利率で受ける事ができるようになるはずです。

どう感じましたか?見方次第で低利子のカードローンを持参することが出来るはずです。

自分の収入と金融会社の利息を比べて、調べる事に時間を割けば、より満足できる状態でキャッシングできるのですから、面倒だと思わず調べるようにしてください。